部分ダイエットに挑戦する方法!

“海に誘うなら、半年前に言ってください”という、某エネルギーチャージ商品の中吊り広告が、かわいくて好きです。水着を手にした女の子が、困り顔を浮かべている様子に、共感しない女性はいないでしょう。薄着になる夏本番に向けて、女性はいろいろと準備をしなければなりません。ムダ毛の処理をぬかりなく行い、足のかかとや爪のお手入れを行い、小さくプツプツとした吹き出物ができている背中や二の腕のゴマージュを行い・・・。そしてもちろんダイエットもです。夏に向けてのこれからの季節、ダイエットをするにはどんな方法が良いのでしょうか。個人的に、ダイエットは食事よりも運動でするべきだと考えています。過度な食事制限や偏った食生活で体重が減るのは、決して健康的ではないし効果が長持ちしません。夏前は、湿気も多く気温が高い日が多く、梅雨の間は雨も降ります。ジメジメ、しとしとした環境は、外でのダイエットには不向きです。室内での運動も湿度と温度に気を付けないと、熱中症などの恐れもあります。この時期のダイエットは、部分的な集中ダイエットがおススメです。なんとなく体重を落とすことを目標にするのではなく、気になる部位の引き締めを掲げたダイエットです。お腹、太もも、背中など部位別に数分間の運動を行うのです。畳一畳分と、ヨガマットがあれば準備はOKです。お腹周りと太ももに効くのが、足を空中で回す運動です。上向きに寝て足を付け根から天井に向かってあげて、その足で大きな円を描くように回すのです。足を回すのはゆっくりと、足と床の角度を鋭くすればするほど、負荷がかかります。意外に見落としがちなのが、背中のぜい肉です。背中を鍛えるには、床に腹ばいになり、右手と左足、左手と右足というペアで、床から持ち上げます。なるべく高く上げるようにするとより負荷がかかります。ジムに通ったり、本を買ったりしなくても、動画サイトを検索すればたくさんの部分ダイエット法が出てきます。夏本番に泣きたくなければ、今日から始めましょう。

あなたはプーアル茶をダイエットだけだと思っていませんか?

プーアル茶はお茶ダイエットの代表の1つです。そのため、多くの人がお茶ダイエットのお供にプーアル茶を選んでいます。プーアル茶には、重合ポリフェノールが含まれています。重合ポリフェノールには脂肪の吸収を抑える働き、蓄積された中性脂肪を体外に排出する効果があります。脂肪が付きにくく、脂肪を燃焼させるという理由で、プーアル茶がお茶ダイエットに選ばれています。

さらに・・・。

プーアル茶にはダイエット以外の効果もあります。

 

プーアル茶をダイエットに使って痩せて可愛くなる!

 

・美肌効果
シミの元であるメラニンが肌に沈着するのを防ぐ働きがあります。同時にしわも出来にくくなります。

・アンチエイジング効果
重合ポリフェノールには、脂肪の吸収の抑制、脂肪の燃焼の他、老化の原因である活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。また、新陳代謝を活発にする働きもあります。

・リラックス効果
熱いプーアル茶から立ち上る香りには、リラックスさせる効果があります。リラックスすると自律神経が安定するとホルモンバランスが整いやすくなります。そおため、熱いプーアル茶を夜寝る前に飲むと深い睡眠ができ、翌朝スッキリと目覚めることができます。

・虫歯予防
プーアル茶の成分には、虫歯の原因となる菌の酵素の繁殖を防ぐ作用があります。食事中や夜寝る前にプーアル茶を飲むと、虫歯になりにくいです。リラックス効果と合わせて、夜寝る前に飲みましょう。

・口臭予防
口臭は嫌気性菌と呼ばれる菌が口の中の食べカスに含まれるたんぱく質などを分解して、臭気成分を発生させるのが原因です。プーアル茶には殺菌作用があるので、口の中の菌が殺菌され、口臭の予防にもなります。

・抗アレルギー作用
重合ポリフェノールには抗アレルギー作用があり、アトピーや皮膚炎の改善に効果があります。

プーアル茶には、ダイエット以外にも上のような効果があります。プーアル茶は食事中や食後に飲むとダイエット効果があると言われていますが、リラックス効果や虫歯予防効果もあるので、夜寝る前にも飲むと良いですね。

そのさっぱりとした味わいは色々な食べ物と相性が良く、今では緑茶と並び日本全国で多くの人に愛飲されている、プーアル茶。

筆者も大好きなこのお茶ですが、食事中やちょっとした水分補給にと、日常的に飲んでいる方はきっと私以外にもたくさんいることでしょう。

 

プーアール茶を使ったダイエットをする時に気を付ける事

 

そんなプーアル茶ですが、皆さん飲んでいて気になることはありませんでしょうか。

実はプーアル茶には、飲んでいくうえであまり知られていない注意点がありますので、今回はそれを皆さんにお教えしたいと思います。

まずは一つ目の注意点。『プーアル茶は、貧血気味の人は食事中には取らないほうが良い』。

これはなぜかと言いますと、プーアル茶に入っているカフェインが悪さをするためです。

貧血の方は鉄分が不足しがちな方が多いはずですが、プーアル茶には他の茶類と同様にカフェインが相当量入っているために、その鉄分の吸収が妨げられてしまうのです。

さらにプーアル茶にはタンニンと呼ばれるものも入っていて、これも鉄分の吸収を阻害します。

貧血気味の人は、食事中にプーアル茶を飲むのは避けた方が無難です。

また、貧血の方と同様に、アトピーの人もあまりプーアル茶を飲み過ぎない方がいいです。

カフェインによる利尿作用で身体のビタミン類が尿とともに排出されてしまい、そのビタミンのおかげで抑えられていた痒みが顕現してきてしまうからです。

コーヒーよりは少ないですが、プーアル茶にも相当量のカフェインが含まれています。

水に近いものなのでがぶ飲みしがちですが、確実に入っているものですので、自分の身体と相談しつつ、楽しんで飲むようにしましょう。

それから二つ目の注意点ですが、これは私の体験談となります。

ある日私が洗面所で歯磨きしていると、何やら歯の生え際に、茶色い色が付いていることに気付きます。

最初は歯垢だと思いましたが、違いました。磨いても取れないのです。

後日歯医者に行き、やっとどういうことか分かりました。

「先生、この茶色いのは何でしょう」

「これはステインですね。着色汚れです」

「ステイン? それって落ちるんですか?」

「落ちますよ。ただ、原因を取り除かないとまた付いてしまいますけど」

「原因は何でしょう?」

「うーん。色々あるので分かりかねますが、タバコとか、あと色の濃い飲み物なんかを普段飲んでいると、やっぱり付きやすいですねえ」

「なるほど。気を付けてみます」

そして帰宅後、冷蔵庫からプーアル茶を取り出して気が付きました。

これじゃん! と(笑)。

年齢によってどうしても歯に細かい傷が付いていってしまうそうなので、完全に防ぐのは難しいようです。

普段からプーアル茶を飲む方は、こういった点も注意です。

最近はダイエット効果の高い商品も注目されていて、女性も飲む機会が増えていると思います。

女性の方は、特にこの点注意した方が良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。

とても美味しいプーアル茶ですが、こういった注意点もある、という記事でした。

タイえっとをするうえでしっかりと気を付けて取り組む事が重要ですね。少しでも皆さんのお役に立ちましたら幸いです。

参考サイト

痩せるお茶ランキング.net

http://xn--t8j7a1jmfpa45akcb3999m711a.net/

お腹がへったらとりあえず動くのがダイエットには良い

ダイエットを始めるまでは、お腹が減ったら何かを食べるという生活を送っていました。そりゃもちろん太ります。
そしてダイエットを始めた今でも、お腹が減ったなぁと思うときがあるのです。そういうときは、以前と違い、何かを食べるのではなくてちょっとでも動くことにしています。
たとえば床を掃除してみたりテレビを拭いてみたりです。気分を紛らわせるのです。
ちょっとでも動けば多少はカロリーを使うことができます。
ですから、今お腹が減っているけど動いていることによってカロリー消費されているんだ、と思い込むことで、家のなかも綺麗になっていきますし、減ったお腹もごまかすことができます。
それでもごまかしきれないときは、お茶や水などを少し温かい状態で飲むのです。
するとお腹が多少膨れごまかせます。そして、もう夜なら寝てしまうことも大事です。おきているとどうしても食べ物のことを考えてしまう、という方もいらっしゃるでしょう。そんなときは布団に入って寝てしまうのです。
そうすれば翌朝まで食べ物を口に運ばなくて済みます。

私は現在40代半ばになりますが、実は今から約20年前までは、様々な運動を中心にしたダイエットをやっていました。幼い小学生時代あたりから食欲が旺盛な子供として育ってきましたので、体系がどうしても肥満型である傾向があり、20代前半の工場勤めなどの頃には体重がなんと、87㎏もありました。このためこのままではいけないと思い、何とか食べながらままでのダイエットが出来ないか、23歳の頃から様々な方法に約3年間挑みました。まずは自分のペースで走る長距離マラソンから始めましたが、これを半年間続けて体重を約25㎏近くも落とすことが出来ましたので、さすがにその時は自分でも驚きました。しかしやはり、半年間といったごく短期間での原料でしたので、そのリバウンドがとても激しく、一年後の24歳の頃には70㎏に戻ってしまいました。このため大変落胆をし、その後も長距離ウォーキングなどをしてこれを約3年近く続けましたが、それでも中々体重が減らず、挙句の果て諦める事となりました。そして現在、食事の量が少ないせいか体重が60㎏台であり、最初からこうすれば良かったのかと正直後悔をしています。

食事の量を考えればダイエットは必要無いのかも

最近になって思う事ですが、私自身は20代の若い頃に体重が80㎏を超えるほどの肥満の体系になったりしてしまった時期などがありましたが、あの時は工場内でちょうど働いていた時期であり、しかも3交替制の勤務シフトで大変不規則な生活サイクルになっていた事などもあり、この事がやはり肥満の大きな原因になっていたのではないかと思う節があります。つまり、大方の当時の自分自身の肥満の原因というものは食生活や食事内容とかではなく、食べる時間や量、そして心身両面で大変キツイ労働環境においての苦しさを和らげるための手段としての食事のあり方、つまり生活サイクルの不安定さそのものに肥満の原因があったのではないのかと考えています。現在40代の後半になり、私の体重はなんと60㎏台をキープしており、このため心身両面において割と安定をしているような状態です。現在のこのような安定をしている状態などからしても、間違いなく生活サイクルに今までの肥満の原因があったものと考えています。

ダイエットはこれからの季節重要となってくるもの。厚着の季節ならどうにかぜい肉もごまかせる、ということで、暴飲暴食に走っていたりしませんか?正月太りから未だに脱却できていなかったりしませんか?一度付いたお肉はなかなか取れてくれないもの。しかし、生活習慣次第で痩せやすい体をつくることは可能なのです。そんな「痩せやすい体」づくりに役立ってくれるのが納豆なのです。
(1)納豆菌が腸内環境を改善する
納豆は言わずと知れた健康食です。発酵食品のパワーは底知れず、納豆に含まれる腸内菌は腸内環境を効果的に改善してくれます。乳酸菌、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌を増加させ、腸内の菌バランスを改善させます。改善された腸内環境は脂肪の吸収、燃焼に非常に効果的に働いてくれます。
(2)間食を抑える
ふだんのごはんに納豆を加えてみてください。納豆をよくかき混ぜて、ごはんと一緒にゆっくりと食べる……。食事に時間をかけることで満腹中枢への働き方が強くなり、空腹を抑えることができます。
私は納豆ダイエットで5キロ痩せました。みなさんも試してみてください。

正しいダイエット法を見つけるにはどうしたらいいの?

そもそも、正しいダイエット法自体が世の中に存在するのかといった疑問を抱いたりされている方も意外と多いかもしれません。それでも事実問題としても、現に肥満でとても自分自身で悩んだりしている方も存在していますので、こういった事態をさすがに見過ごしたりする事は愚かなことかもしれません。そこで、今回の記事においては正しいダイエット法の見つけ方について触れてみたいと思います。人間、誰しも出来る事ならば、苦しい思いなどをしないで肥満の体のあり方を改善あるいは元に戻したいなどといった願いは同じであるといえます。そうした一般的な方が思う思いとしてはやはり、なるだけキツイ思いをしないで静かに1日を過ごしていくという事が一番なのかもしれません。そのほうが気分的にも大変良く、対人関係の面などにおいてもあまり悩んだりする事がありませんのでオススメかもしれません。その代わり、それまで勤めてきた職場を辞めたりしたうえで自分だけの時間を作るというカタチですので、長年働いてきたりした方にとっては、最初はある程度の苦痛を伴う可能性も否定出来ません。それを乗り越えれば大丈夫です。
友人がエステ店を営んでいます。
そこの新メニューで「脂肪溶解ダイエットコース」というものが追加されました。
脂肪を溶解するジェルを体に塗り、その部分に光をあててジェルを浸透させ、脂肪を溶解し老廃物として出すというものです。

例として出されていた女性のビフォー・アフターの写真を目の当たりにして、
私は、これだ!キタキタこれだわ!
とニヤニヤしながら飛びつきました。
本当にワクワクしたのを鮮明に覚えてます。
たった6回脂肪溶解の施術を受けるだけでまるで別人のように脂肪がなくなっていく私の姿をイメージできたからでした。

しかし、やはりそう簡単に痩せるものはないのかもしれません。
確かに、一番痩せにくいとされる足のサイズが変わりました。
20年近くむくんでいた足首周りの憎きお肉もなくなりました。
しばらくの間は。

確かに痩せはしたものの、リバウンドも早いものでした。
施術が1クール終わると、当然痩せるための施術はない。
でも、食事は進む。お菓子も進む。
あっという間に元の私に戻ってしまいました。

これからは、やっぱり自己努力の上のダイエット。
それが一番なのかもしれません。

ダイエットを行う事は、本当に正しい事なのか

正直、今は肥満などではあっても、今までの生活習慣やサイクルなどを正しいものに見直していくだけで、ダイエットをすることなく正常な体型や体格などにする事が可能である方がとても多いような感じがします。そういった事情などを考えたりしてみると、本当にダイエットそのものを行う事が果たして正しいのであろうか、といった考えが芽生えてくるような感じがしないでもありません。そしてやはり、学習をしたりしても何らかの事情などにより理解をする事が困難な状況にある方などもいたりしますので、そういった方に対してもメディアがわからせていくような努力といったものをしていくこともとても大切な事であると考えます。現実問題として人間は、事実目の前にある情報しか信じない体質があります。そうした事などをも踏まえたうえで、ただ単に情報の享受者の立場である肥満の方を情報操作の対象のみなどとして見たりするのではなく、人間として生きていくための手助けをしてくべき責務があるといえます。

ダイエット成功! でも継続中な体験談

私は以前本当に太っていました。
大きな声では言えませんが放っておけば3桁になりそうな勢いでした。仕事が忙しくストレス溜まり夕食をがっつり食べていたからです。
そんな私が一念発起して 始めたのが 加圧トレーニングです。私は 加圧トレーニングで 30キロ 痩せました。
期間は だいたい3年くらいです。加圧トレーニングのいいところは 食事を我慢することなく 続けられるところです。 しかしながら 私は今、 夜ご飯はとらないようにしています。 そして 朝と昼 がっつり食べます。 トレーニングをしていると 徐々に減ってくるのが分かります 。また時間をかけずにトレーニングをすることができるので 忙しい人にもおすすめです。 もちろん 加圧ベルトは 誤った使い方をすると危険なので 認定されているきちっとしたものを使ってないと危ないです。 加圧トレーニング後有酸素運動するとさらに減量の効果が顕著にあらわれます。 今 私 は 加圧ダイエットで30キロの減量に成功いたしましたが あと10キロ痩せたいので今も続行しております。 あと健康にもいいと思います私が体重が多かった頃 血圧が高かったですが今は健康な数値に戻っております。 私はいま もう50を過ぎておりますが ダイエットに成功いたしました。 自信がつきました。 そして色々な洋服を楽しめるようになりました。諦めずやり続けてきて良かったと思っております。